【リダイレクトを手軽に】Googleオプティマイズで簡単リダイレクト実践。

ふじわら
ふじわら

こんにちは。FINKICK藤原です。

みなさまGoogleオプティマイズ使っていますか!
ABテストをする上で活用するケースがあるかと思いますが
今回は、リダイレクトの機能について説明していこうと思います。

本当にオプティマイズ便利なんですよ。
URLだけ発行してもらって、オプティマイズだけでLP作ったことがあるくらいの変態です。

Googleオプティマイズに、リダイレクトの機能が元々備わっているので
かなり簡単に設定できます。

サックリやっていきましょうー!

Googleオプティマイズのインストール

早速Googleオプティマイズをインストールしていきましょうー!
事前に、GoogleタグマネージャーGoogleAnalyticsがサイトにインストールされていることが望ましいです。

Googleオプティマイズをインストール

https://optimize.google.com/optimize/home/ へ入り
画面中央の【利用を開始】を押してください。

「メール登録を行って Google オプティマイズを最大限に活用」は
「はい」でも「いいえ」でも構いません。

「アカウント設定の選択」のページでは
住まいの国を「日本」に変更した上で、利用規約に同意した上で
「完了」ボタンを押してください。

タグマネージャ経由でオプティマイズタグを設置

STEP1でオプティマイズ自体のアカウント作成は完了いたしました。
おそらく次のような画面になっているかと思います。

最初のエクスペリエンスを作りましょう!
と促されているますが、ちょっと無視します。

先に、タグマネージャの設定を完了させてしまいましょう。
オプティマイズのホーム画面に行くと下記のようなページになります。

右上の「設定」ボタンを押してください。

「コンテナ詳細」にある、OPTから始まる「ID」をコピーしておいてください。
コピーしたら、Googleタグマネージャに飛びます。

「タグ」→「新規」→「タグの設定」の順番にクリックしていくと、下記画像のページに到達するかと思います。
「おすすめ」の中に「GoogleOptimize」があるので、クリックしてください。

「オプティマイズコンテナID」に、先ほどコピーしておいた
「OPT-」から始まるIDを貼り付けてください。

また、ここでGoogleAnalyticsとの連携も完了させておきます。
「このタグでオーバーライド設定を有効にする」にチェックを入れると
GoogleAnalyticsの「トラッキングID」を入力するボックスが出てきます。

ここに、連携したいGoogleAnalyticsのトラッキングIDを入力します。
(IDがわからない方は、GoogleAnalytics画面の左下の「管理」→「トラッキング情報」の順番にクリックして行ってもらえるとIDが見れるはずです。)

トリガーは初期から設定されてある「All Pages」でOKです。
タグ・トリガーの選択が完了したら、右上にある「保存」をクリック

そのまま、ページ右上にある、「公開」をクリックして、タグの設定は完了です。

オプティマイズのインストールが完了したので、オプティマイズへ戻りましょうー!

エクスペリエンスを作成

STEP1でオプティマイズ自体のアカウント作成は完了いたしました。
おそらく次のような画面になっているかと思います。
促されるまま、最初のエクスペリエンスを作りましょう。
青い「開始」ボタンをクリックです!

「名前」は内容が分かれば、なんでもOKです。
「使用するページのURL」は「クッションページとなるページのURL」を入れてください。(Aページを経由して、Bページに飛ばしたい場合は、Aページを設定)
「作成するテスト」は「リダイレクトテスト」を選択でOKです。

入力が完了したら、右上の「作成」をクリック。

「パターンを追加」を押してください。

次に、「パターンの名前」を入力 ※内容がわかればなんでもOKです
今回は「リダイレクト」にしておきます。

「リダイレクトタイプ」は、今回はシンプルな「1つのページへのリダイレクト」を選択してください。
「リダイレクトURL」に「最終的に飛ばしたいURL」を入力してください。
(Aページを経由して、Bページに飛ばしたい場合は、Bページを設定)

プレビューで下記の内容になっていることを確認してください
オリジナル:クッションページにしたいURL
リダイレクト:最終的に飛ばしたいURL

上記が確認できたら、右上の完了を押してください。

下記のようなページになったら、「リダイレクト」のパターンに紐づいている「50%の比重」をクリックしてください。

「均等に分配」をなっているところをクリックすると
「カスタムの割合」というものが選択できるようになります。

「リダイレクト」の割合を100%に変更して保存しておきましょう。
これを忘れると、50%のユーザーがクッションページに止まったままになってしまいます。

右上の完了ボタンを押して設定完了です。

※本来この機能は、AページかBページのどちらが成果が良いかを図るためのものなので、デフォルトが50%の設定になっています。

次に、ページターゲティングを設定しておきましょう。

デフォルトだと「https://XXXX.XXに一致」となっているのですが
パラメータなどがついた場合にオプティマイズが動かないので
「次を含む」あたりにしておくと良いと思います。

ご自身のやりたいこと。ページの設定、目的に合わせて設定してください。

次に、アナリティクスと目標の設定をしておきます。

「アナリティクスにリンク」を押しておくと、すでにGoogleアカウントにアナリティクスが紐づいていればアカウント候補が出てくるはずです。
紐付けたいGoogleアナリティクスアカウントを選択してください。

GAを紐付けると、目標が設定できるようになります。
Googleアナリティクスに設定されてある「目標」の中から選択することができます。

上記の設定が完了すれば、ページ最上部の「開始」を押してください。

以上で、オプティマイズを使ったリダイレクト設定は完了です!
お疲れ様でした!

まとめ

今回は、Googleオプティマイズを使った「リダイレクト設定」の方法を紹介しました。

  • LINE公式アカウントへの友達登録ボタンクリック数
  • 簡単に広告のリンク先を別のLPに向ける
ふじわら
ふじわら

など、使い道はたくさんあります。
もちろん手段としては他の方法もたくさんありますが
開発なしの手段を持っておくと、施策スピードも上がっていくかと思います。

ぜひ、使いこなしてみてください!

今回の説明みたけど「ここがわからないよ!」という方は
Twitterまでご連絡いただければ導入サポートします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です